1980年代は、相反抑制を利用して主動筋に抵抗を加えながら静止性収縮をさせ拮抗筋のリラクセーションを得たあと拮抗筋を伸張するagonist relax (アゴニスト・リラックス) の優位性が報告され (Etnyre and Abraham, 1986; Condon and Hutton,1987; Osterning ら,1990)、PNFストレッチとして広まった

 

アゴニスト・リラックスはSherringtonの相反性神経支配の法則を適用したもので主動筋に抵抗を加えて、筋スパズムなどがある拮抗筋をリラクセーションさせる