PNF運動パターンを用い、痛み・萎縮により罹患部位に直接アプローチできないときに、より健常な部位の抵抗運動とモビライゼーションにより目的部位の機能改善を得るための手技である。遠隔部位の筋力強化・自動・他動関節運動改善は 脳科学・神経生理学的根拠に基づいている。

(H反射による上位中枢の研究) 

上位中枢の抑制と促通(リバウンド現象)

橈側手根屈筋H波の計測により、運動時の上位中枢の抑制とその後の促通効果が生じることが確認されている。Araiら(2007)は、健常者を無作為に、骨盤後方下制の 静止性収縮促通手技 (SCF手技)を行う群と、H波計測の反対の手による握力計の把持 (把持群) の2群に分けて橈側手根屈筋のH波の変化を検証した。

SCF手技 での橈側手根屈筋のH波は運動後に有意な抑制が生じ、SCF手技80秒後に有意な興奮が生じた。この現象から、整形外科疾患で上肢の障害を有する患者の骨盤のSCF手技後の痛みの寛解と自動関節運動改善の生理学的根拠が示唆された。

すなわち、運動時に脊髄レベルを反射性に抑制することにより筋スパズムが軽減することが示唆された。また、その後の橈側手根屈筋のH波の促通によりSCF手技により遠隔部位の自動運動を増大させる臨床的効果の生理学的根拠が示唆された。

 

文献

■ Arai M, Shiratani T, Shimizu MS, Shimizu H, Tanaka Y , Yanagisawa K : Remote rebound-effect of resistive static contraction of lower trunk on the flexor carpi radialis H-reflext. Proc. of 19th ISEK Cong. 455, 2012.

■ Arai M, Shiratani T : A comparative study of the neurophysiological remote effects of different resistive static facilitation techniques on the flexor carpi radialis H-reflex. Current Neurobiology 3(2): p98-102, 2012.

■ Arai M, Shiratani T : Neurophysiological study of remote rebound-effect of resistive static contraction of lower trunk on the flexor carpi radialis H-reflex. Current Neurobiology 3(1) : p25-29, 2012.

 ■Shiratani T, Arai M. Remote neurophysiological rebound effects of resistive static contraction using a proprioceptive neuromuscular facilitation pattern in the mid-range pelvic motion of posterior depression on the soleus H-reflex. PNF Res   14(1) 11-19   Mar 2014

■  Arai Mitsuo, Shiratani Tomoko, Kuruma Hironobu.  The effects of different force directions and resistance levels during unilateral resistive static contraction of the lower trunk muscles on the ipsilateral soleus H-reflex in the side-lying position. J Rehabil Med (suppl 54). S416. 2015. 

■Arai M, Shiratani T.  The Effects of Different Force Directions and Resistance Levels during Unilateral Resistive Static Contraction of the Lower Trunk Muscles on the Ipsilateral Soleus H-reflex in the Side-lying Position. J Nov Physiother   6(3) 100090   Jun 2016 

 ■Shiratani T, Arai M, Kuruma H, Masumoto K. The effects of opposite-directional static contraction of the muscles of the right upper extremity on the ipsilateral right soleus H-reflex. J Bodyw Mov Ther. 2017;21(3):528-533. doi: 10.1016/j.jbmt.2016.08.004. Epub 2016 Aug 12.

■  重田有希, 白谷智子, 保原塁, 井手夏葵, 桝本一枝,光男. 抵抗運動による間接的アプローチが非運動肢ヒラメ筋H反射に及ぼす影響. PNFリサーチ. 18(1), 1-6, 2018.

■ 竹澤美穂, 新井光男, 井手夏葵, 重田有希, 白谷智子, 保原塁, 桝本一枝.下部体幹筋および下肢筋群の静止性収縮が対側ヒラメ筋H反射に及ぼす影響. PNFリサーチチ. 18(1), 7-12、2018.

 

(fMRIによる脳活動の研究)

健常者のfMRIの実験によりPNF運動パターンを用いた下部体幹筋群の静止性収縮促通手技(モビライゼーションPNF手技(SCF手技))と前額面上の下部体幹筋群の抵抗運動による静止性収縮における脳活動の違いを検証した結果、前額面上の抵抗運動による静止性収縮は限局的な脳の賦活が認められたのに対し、SCF手技では歩行に関与する領域である感覚運動野・補足運動野・視床・大脳基底核・脳幹・小脳に広範囲に賦活が認められた。

また、骨盤のSCF手技時に手の運動の左感覚運動野(SMC)の賦活でオーバーラップする部位が認められたことにより、臨床的に骨盤へのSCF手技後に 肩関節や手関節の随意運動能力の向上が得られるエビデンスが呈示できた。

 

■ 白谷智子,新田 收,新井光男,他.固有受容性神経筋促通法の骨盤のパターンの中間域での抵抗運動による静止性収縮が手運動野の脳活動に及ぼす影響―機能的MRIにおける検討―.PNFリサーチ.12(1).p39-45.2012

■ Shiratani Tomoko, Arai Mitsuo, Kuruma Hironobu, Yanagisawa Ken. The effects of a static contraction of pelvic posterior depression on the brain activities induced by a fMRI in the normal volunteers. 8TH International Society of Physical & Rehabilitation Medicine (Cancun) 2014.

■ Shiratani Tomoko, Arai Mitsuo, Kuruma Hironobu, Nitta Osamu, Matsuda Tadamitsu,Yanagisawa Ken. A comparison of the movement directional related activity of antagonist resistance exercises using fMRI. J Rehabil Med (suppl 54). S416-S417, 2015.