モビライゼーションPNFの骨盤への後方下制パターンの中間域での抵抗運動による静止性収縮促通手技(SCF手技)は坐骨結節を後下方に動かした(求心性収縮)あと、静止性収縮するため寛骨(腸骨) は前傾し、仙骨は相対的に後傾するカップリング運動を促通する。

 SCF手技後は逆に、収縮後にリラクセーションすることで、仙骨が腸骨より相対的により前傾するカップリング運動も促通できる。

Home