関節や筋肉の悩みの改善をサポートする脳科学コンディショニング

 脳科学コンディショニング法(骨盤矯正呼吸法・ストレッチ筋膜法 (ファシア ストレッチ (stretch with fascia) はパーソナルコンディショニング・セラピスト理事長の所長 が30年の理学療法士としての臨床経験と10年の大学教授(つくば国際大学、首都大学東京(現 東京都立大学) )時代に集大成した独自の技術です 

 

 

脳科学コンディショニング法

1. 独自の矯正技術カイロプラクティック (骨盤矯正) 呼吸法

骨盤矯正・脊柱矯正を 自然な呼吸活動による筋肉の動きを利用して

歪みを調整する新技術で痛みを誘発しないソフトな施術です

 

歪みを調整してエネルギーの吸収・出力の効率を上げて

痛みが軽減して動きやすい身体に戻ることを目指しています

2. 独自の矯正技術ストレッチ筋膜法 (ファシア ストレッチ)

 筋膜は手の先から足の先まで連結してます

筋膜の癒着は痛みやムクミの原因になり筋力の低下の原因になります

 

3 モビライゼーションPNF(MPC)

痛みや筋力が低下してに動きにくい関節や筋肉を動かす方法です

 

所長 新井光男の開発した障害がある部位への理学療法のテクニックですが

 

障害がない痛みの部位の軽減や

痛みによる動きにくさの改善ケアとしても有効です

 

 

機能的柔軟性の獲得

① 痛みを誘発しないような美姿勢のアライメント(頭・肩甲骨・骨盤・脊柱・股関節・膝関節・脚関節の位置関係)にコンディショニング(調整)します(静的柔軟性)

 

 

② 痛みを誘発しない美姿勢のアライメントを保つための筋肉を強化(立位保持のための筋力強化・外的刺激に対しても元のアライメントに復元するための筋力)するようにコンディショニング(調整)します(動的柔軟性)

 

③ あらゆる環境で(床が滑りやすい、狭い床面を圧るかないといけない)痛みを誘発しない美姿勢のアライメントをダイナミックに復元するために、靭帯、筋肉を調節する脳・脊髄の神経システムの再プログラム化をコンディショニング(調整)します(機能的柔軟性)

 

「潜在能力を呼び覚ましし、100年動けるKARADAを作ろう」

 関連サイト