動的モビライゼーション療法学会規約 Dynamic Mobilization Therapy Society:DMTS

 

第一章 総 則 

〔名称〕第1条

 この会は、動的モビライゼーション療法学会 (以下、本会)と称する。 

〔目的〕第2条

 本会は、動的モビライゼーション療法に関する学術研究の充実及び発展を図り、動的モビライゼーション療法を普及させ、併せて関連する治療技術の向上に努め、もって国民の健康及び福祉に貢献することを目的とする。 

〔事業〕第3条

 本会は、前条の目的を達成するために、講習会の開催、基礎研究、臨床研究等を行う。

 

第二章 会 員  

〔種別〕第4条

 本会の会員は、理学療法士・作業療法士または理事会で承認された者とする。 

〔入会〕第5条

 会員になろうとする者は、入会申込書を提出しなければならない。 

〔入会金及び会費〕第6条

 入会金、年会費は無料とする。 

〔退会〕第7条

 1 会員は、退会しようとするときは書面でその旨を理事長に届け出なければならない。

 2 会員が死亡し、又は本会が解散したときは、退会したものとみなす。

 

〔除名〕第8条

 会員がこの学会の名誉を毀損し、又はその設立の趣旨に反する行為をしたときは、これを除名することができる。 

 

 

第三章 役 員 

〔役員の種別及び選任等〕第10条

 本会に、次の役員を置き、必要に応じてその他の局を設ける。

 (1)理事長 1名 

 (2)事務局長 1名 

 (3)事務局次長 1名

 (4)学術局長 1名

 (5)渉外局長 1名

 (6)広報局長 1名

 (7)教育局長 1名

 (8)監 事 2名 

 (9)理 事 11名以内(理事長等を含む)  

 (10)顧問 複数名

〔職務〕第11条

 1 理事長は、この学会を代表し、会務を総括する。

 2 監事は、次に掲げる職務を行う。

 (1) 会計を監査すること。

 (2) 理事の業務執行状況を監査すること。

 (3) 会計及び業務の執行について、不正の事実を発見したときは、これを総会に報告すること。

 (4) 前号の報告をするため必要があるときは、総会又は理事会の招集を請求し、若しくは招集すること。

〔選出〕第12条

 この会の役員は会員が就任し、理事長・理事及び監事は総会において選出する。

〔任期〕第13条

 役員の任期は2年とする。ただし、再任することができる。 

〔顧問及び相談役〕第14条

 この学会は顧問を置くことができる。顧問は、理事長の諮問に応じて、理事長に助言する。 

〔報酬等〕第15条

 1 役員は無給とする。ただし、常勤の役員は有給とすることができる。

 

〔事務局〕第16条

 1 この学会の事務を処理するために、事務局を置く。

 2 事務局には事務局次長及び事務員若干名を置くことができ、理事長が任免する。

 

第四章 会  議 

〔種別〕第17条

 この学会の会議は総会・理事会とする。 

〔構成〕第18条

 総会は、会員を持って構成する。 理事会は、理事長及び理事を持って構成する。

 第19条

 総会・理事会は理事長が招集する。 

〔議長〕 第20条

 1 総会の議長は、その総会において出席会員のなかから選任する。

 2 理事会の議長は、理事長がこれにあたる。 

〔定足数〕第21条

 総会においては会員、理事会においては理事現在数の2分の1以上の出席がなければ開会することかできない。 

〔議決〕第22条

 1 総会の議事は、出席会員の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

 2 理事会の議事は、出席理事の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

 3 前2項の場合において、議長は構成員として議決に加わる権利を有しない。 

〔書面表決等〕第23条

 やむを得ない理由のために会議に出席できない会員又は理事は、あらかじめ通知された事項について、書面をもって表決し、又は他の構成員を代理人として表決を委任することができる。この場合において、前2条の規定の適用については、出席したものとみなす。 

〔議事録〕第24条

 会議の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。

 (1) 会議の日時及び場所

 (2) 会員又は理事の現在数

  (3) 会議に出席した会員の数又は理事(理事長及び理事を含む。) の氏名 (書面表決者及び表決委任者の場合にあっては、その旨を付記すること。)

 (4) 審議事項及び議決事項 

 (5) 議事の経過の概要及びその結果並びに発言者の発言要旨

 

第五章  財産及び会計 

〔財産の構成〕第25条

 この学会の財産は、次に掲げるものをもって構成する。

 会員対象の講習会での収入

〔財産の管理〕第26条

 この学会の財産は、理事長が管理し、その方法は、理事会の議決により定める。 

〔経費の支弁〕第27条

 この学会の経費は、財産をもって支弁する。

〔役員に関する項〕第28条

 役員の業務については、次による。理事は理事会に出席し担当する部署を統括する。

 

 

 

会務細則

第一節  総則 (細則の主旨) 第1条 この会の会務を円滑に遂行するために、この細則を定める。

第二節  会費 (会費の額)

第2条 この会の会費は無料とする。

第三節  役員 (役員の職務分担)

第3条 理事は別に定める分掌規定に基づいて、その分担内容を定める。

第四節  インストラクター制度

第4条 学術の発展のためにインストラクター制度を設け、会員のニーズに基づいて指導を行うことにより学術的能力の向上に寄与することとする。インストラクターは、別に定めるインストラクター資格規程により審査され、合格者には動的モビライゼーション療法学会理事長名で認定書を発行する。

第五節  講習会及びインストラクターの養成

第5条 講習会では、インストラクターがテクニック指導と研究法の指導を組み合わせ開催する。

第6条 研究助成金制度を設ける。研究計画書により学術局が審査し、助成金を決定する。

(施行)第7条 この細則は平成22年4月1日により施行する。また、この細則は平成25年4月23日一部改正により施行する。      

組織分掌規程

1.事務局本会の会務全般から事務の細部にわたる庶務内容を把握して、的確で円滑な執務を行う。

(庶務内容)

 1) 総会議事録・重要文書の整理に関する事項

 2) 理事会議事録の記録に関する事項

 3) 公印の管理に関する事項

 4) 本会の発行する刊行物の整理・保管に関する事項

 5) 文書の授受・発行及び管理に関する事項

(財務内容)

 1) 講習会費の徴収

 2) 予算及び決算に関する事項

 3) 現金及び公証金等の記録ならびに管理に関する事項

 4) 旅費及び諸経費の支出・整理等に関する事項 

 5) 現金出入金の管理

2.学術局

 1) 講習会の開催案・講習会計画案を作成し理事長へ提案する。

 2) 学術誌を作成できるように論文の募集を行う。

 3) 機関誌・学術誌を発行する。

 4) 動的モビライゼーション療法学会学術集会の開催

 

インストラクター資格規程

1. 受験資格

1) 動的モビライゼーション主催の講習会を6回以上受講した者。 

2)論文審査を合格した者(動的モビライゼーションに関する論文を1本以上)

3)実技試験及び口頭試問に合格すること。

2. インストラクター審査法

 1) 論文は、理事会が指名した査読委員が審査する。

 2) 実技試験及び口頭試問は、理事会が指名したインストラクターが行なう。

3) 審査の結果、アシスタント・インストラクターまたはインストラクターに認定する。

 

(設立年月日) 平成22年4月1日

 

動的モビライゼーション療法学会役員

 理事長

  新井 光男  首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 教授

 事務局長 

  白谷 智子  苑田第二病院リハビリテーション科

 渉外局長 

  西浦 健蔵 甘木中央病院リハビリテーション室長

 

 動的モビライゼーション療法学会理事

  (アイウエオ順)

  重田 有希  介護老人保健施設やすらぎ 主任

  清水 幸恵  本永病院 リハビリテーション科係長

  白谷 智子  苑田第二病院リハビリテーション科

  住田 哲昭  吉岡整形外科

  田中 敏之  南芦屋浜病院 リハビリテーション科科長

  西浦 健蔵  甘木中央病院 リハビリテーション室室長

  原田 恭宏  城西国際大学

  坪井 章雄  茨城県立医療大学保健医療学部作業療法学科 准教授

  桝本 一枝  しげのぶ整形外科リウマチ・リハビリクリニック   

 

動的モビライゼーション療法学会監事

  林 隆司    つくば国際大学医療保健学部理学療法学科 教授

  小畑 順一 

 

動的モビライゼーション療法学会顧問

  柳澤 健   首都大学東京名誉教授・城西国際大学教授

  清水ミシェル・アイズマン 広島県立大学名誉教授